プロフィール

タマ@Titan

Author:タマ@Titan
Titan鯖で行動中のミスラです。
こっちへふらふら?あっちへふらふら?っとしてます。^^b

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

フリーエリア

このブログはリンクフリーです。
リンクした際報告をいただけると
とても自分が喜びます。

詳しい内容やコピーライトについては <こちら>へ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




よ?さいのカギっ
どもです^^

さて、前回の続き。
(さらにプログラムを知らない人置いてけぼりなので、わからない人はスルーで^^;)

1,5GBのソースを解凍したところまで話したのかな?

で、自分は色々な言語を触ってきてはいるんで
基本どんな言語であっても多少は読めます。
(今現在専門で使ってるのはC#ですけどね)

で、Googleだったらまぁ使う言語はjavaかなぁ?という妙な先入観があって
ブラウザの紹介サイトにあったある一文を忘れていたんですよ
「現在Windows版のみでマック版とLinux版も製作中」

Javaで作るならこんな一文乗っけなくても、移植は結構簡単なんですよね?。
普通は。

で、中身を見ていると、でてくるでてくる。「.CC」という名前の拡張子。
どうやらC++で作られているようです。
しかも、ネットで情報をみていると、がちがちのWin32APIで作られているようで
(Win32APIとはWindowsの中身のシステムを使用したWindowsでしか動かないプログラムと思ってください)
(自分の作るのは.NetFramework依存の言語で、Win32APIとはすこし違います^^;)
そりゃマック版とLinux版も製作中だろうなぁというイメージでした。

まぁそれは別にいいんですよ。C++で作ろうがJavaで作ろうが。
この両方の言語はオブジェクト指向という考えで作られているので、見れば作りぐらいならすぐわかりますし。
が、C++は恐ろしいことに、
C言語と互換があるので、オブジェクト指向じゃなくても作れるオブジェクト指向言語という、
使い手に左右される言語なので、ちょっとイヤな予感しながら
Main文をさがしました。。。

うわっ。。。ぐちゃぐちゃ。。。><;

Main文のソースに近づくにつれて、ソースが汚く、オブジェクト指向?なにそれ?的な構造に。。。

結構入り口付近は無理やり作ったっぽい雰囲気が丸出しでした^^;
画像周りは結構綺麗に作ってたので、おそらく、入り口付近は昔のプログラマーが作ったのかも
ですね(単に破綻しかけて力技で通り抜けたのかもしれませんが。。。)

もうちょっと、時間があれば色々見て行きたいですね?。
Main文付近は正直見ると体力がけづられますが(??;

では何か気になることが書くと思いますっ。

では本記事へ?^^





黒タルAさんが白AFのアイテムが欲しいということなので

要塞のカギ取りに行ってきました?^^ノシ

丁度その頃暇をしていた
赤ネコCさんと一緒に。

あと、黒タルAさんのフレのシ?ネコさんも一緒の四人で行くことに。
(もうあやふやで微妙に覚えてないですが^^;)

とりあえず、要塞の地下の円形の所で骨をしばくという
いつものパターンで行って見ました。

現場に着くと、なにやら先客っぽい。。。ように見えたけど、
単なるレベル上げの人たちでした。
(テルで話したら対象はカブトらしいので敵が重なることもなさそうでしたっ)

さて、いこ?^^b

と、3?4匹倒したところであっさりドロップ。。。はやっ!
いつもは1時間とか平気でかかるのに!!!
ボムが絡んだのでたおした^^;

そのあと、予想よりもあっさり鍵が出てしまったので、
古墳に向かって
タブナジアの鈴も取りに行くことに。

こっちは、敵の数が少ない上に
ドロップ率がひじょぉぉぉぉぉにっ!悪いです。

なので、今回もなんどやってもでな?いっ(TдT

途中で、再POPまでの時間を利用して宝の鍵を求めて違う敵を倒したりしながら
ネコネコネコ!さんにしゅぅ?^^b

・・・結局何時間したんだ(??;
というぐらい敵を倒しながら

LSでもうひとり暇だから行こうか?
という話がでて、古墳に来てもらう途中に

やっとドロップTT

あっ。。。わざわざ来てもらったのに・・・・orz

増援を呼んだら欲しいものが出る。よくありますよね?^^;
スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://202sa.blog66.fc2.com/tb.php/451-cd4a930f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。